FC2ブログ
987(桑名市)の工務店&不動産
”40年以上の木材屋”の知識と”30年以上の建築業”のノウハウで創る家。
木の話 【桧】
カネカの産屋敷です。
仕事柄今まで沢山の木を取り扱ってきました。
人から教えてもらった木や、本で知った木、
実際に観に行った珍しい木などがありますが、
それらの木の「特徴」や「使い方・使われ方昨今」
について話をしたいと思います。
仕事で覚えた事なので間違いが有った
場合はどうかご容赦ください。

針葉樹の国産材ではなんと言っても私は
桧だと思います。木の横綱でしょうね~。
中でも長野県と岐阜県に生えている
木曽桧は最高級品です。

樹齢は150年以上ですが、500年以上
の物もあります。製品にした場合、色白ですが、
ややピンクが混ざっていて適度な柔らかさ、
適度なツヤがあり年輪は真っ直ぐ細やかで
狂いが少なく、香りが日本人に合っているので
高級材として古くから御堂仏閣等に使われています。

代表的なのは三重県の伊勢神宮で20年ごとに
行われる御遷宮に早くから使われていることは皆が
知るところです。木曽谷から何百本という木が
切り出され、伊勢神宮へと運ばれます。

私は以前台風で倒れた木曽桧を買ったことが
あります。倒れたまま何年も山に置いていると、
白太(辺材)は腐ってしまい赤身(辺材以外の芯材)
だけが残った『葉がらし材』が出来るのです。
ツヤは少し無くなりますが、柔らかくて狂いがない
素直な製品が出来、建具屋さんに沢山買って
頂いた思い出があります。

150年以上の樹齢の木を天然木と言い
、日本には至る所には生えていますがこれらを
天桧(てんぴ)と呼んで木曽桧と分けて
取り引きしました。

天桧(てんぴ)は木曽桧より硬く、木油も
多い事から光沢もあります。
ただ色や光沢は木によってはまちまちで
、全ての木の色やツヤが揃うとは限りません。

木油はどんな木にもありますが製品によっては
後から滲み出る事があり価値を下げてしまいます
。木曽桧も木油はありますが、水に浮かべておくと
木のアクや木油が少なくなり色も更に揃うそうです。
昔は筏(イカダ)で材木を輸送していたのでその様な
心配は無かったのですが現在はトラックで輸送し、
すぐに製品にすることで後から木油が滲み出る
製品が沢山あります。

伊勢神宮の御遷宮に現在は木曽桧が沢
山使われていますが、伊勢には神宮林があって
(今でもありますが)昔は天桧が沢山生えており、
そこの木で御遷宮の時やその他の行事など
賄っていました。何百年も切り続けた結果天桧は
無くなり、木曽の桧に頼らなくなったのです。

そんな事からいつから始まったか定かでは
ありませんが神宮林で植林事業を行ってきました。
今では樹齢100年以上の木も生えているそうです。
今後は何年先か分かりませんが伊勢の木で
御遷宮や様々な行事を行うことができるでしょう。

全国では植林を官、民が盛んに行っていますが、
木曽谷でもこのままだと木曽桧が将来無くなることが
明確なので、以前から植林を行い今では100年以上の
木も育っています。これらの木は人工林桧と呼び、
少しずつ切出され、製品化されますが良質な残し木が
150年生・200年生にもなると天然木扱いとなり
これからの主役となるでしょう。

言い忘れましたが、一般的には国が扱う全ての木
を官材と言います。しかし木曽桧を取り扱う
木材業者は木曽桧だけを官材と呼んでいて
一般の桧と差を付けています。

木曽桧や一般的な桧は今も昔も建築材に
使うことが多く、柱や土台はもとより内装材の
鴨居、敷居、フローリング、壁板、天井板、
外部造作材の破風板、戸袋などあらゆる
内外の造作材に使われていました。
最近では構造材にも時々は使っているようです。

昔から桧普請は最高級の建物であり「桧舞台」も
高級の舞台の事を言います。他にも門、塀の建築、
建具や家具、浴槽、たまに高級棺などの大きい
ものから能面や仏像などの彫物、又割り箸などの
日用小物品まで様々なものが桧から作られています。

しかし、使い方を間違えると、桧でも腐ったり虫に
食われたりすることがあります。
桧の赤身(芯材)は木油もあり強いのですが、
白太(辺材)は木が成長する部分でもあり
柔らかいのでシロアリの被害を受けたとか、
湿気の有る場所に使ってしまい早くから腐って
しまうことがあります。日本の桧には抗菌性の
あるヒノキチオールは含まれていないので
特に白太はシロアリに弱く、防腐処理や防虫処理を
して使うがいつも乾燥している場所に使うべきです。

【ヒノキチオールが含まれているのは日本では
青森ヒバ・アスナロ・ネズコ杉外材では台湾の
ヒノキ・ベニヒ・アメリカやカナダに生えている
米杉・イエローシダー】です

これだけは言えると思います。桧はもとより、
全ての木は間違った使い方をしない限り
奈良や京都の建物のように何百年も保つ事が
出来る素晴らしい建材であると言うことです。

これで桧の話は終わりにしたいと思います。
次は杉の話をします。

宅地建物取引業免許 三重県知事(2)第3206号
            

家造り30年以上の実績と 40年以上続く材木屋
木にこだわった省エネ住宅

「自然派タイプの家」
を創っています。

新築、リフォーム、お住まいのことならなんでも
お気軽にご相談下さい。



 カネカ不動産
株式会社 カネカ
〒511-0836 桑名市江場494-5
(桑名ハウジングセンター東隣)

 0120-117-683 (通話料無料)
http://www.kaneka-co.jp/







スポンサーサイト



土地<菰野町杉谷> ★新価格★
自然豊かな国定公園内です。
四季を感じながらスローライフが楽しめます。

 
杉谷(土地)


 物件所在地 : 三重郡菰野町杉谷南茱萸谷2328番292
価   格 : 495万円
土地面積 : 562.16㎡(170.05坪) 
建ぺい率 : 15%
容積率  : 30%
地   目 : 宅地
用途地域 : 無指定
都市計画 : 区域外
権利形態 : 所有権
道   路 : 南約5m 西約5m
私道負担 : なし
交   通 : 近鉄湯の山線「菰野駅」 9.5km 
現   況 : 
引 渡 し : 相談

取引形態 : 売主
物件登録日 : 2017年5月23日
更新予定日 : 随時

●公営上水道引済
●自然公園法・砂防法・景観法・高さ制限・ガケ条例

CIMG4368_20170726092301d7a.jpg

CIMG4350.jpg

菰野インターが2018年度の完成予定なので
自然豊かな場所にありながら便利になりそうです。
詳しくはこちらをご覧ください。


宅地建物取引業免許 三重県知事(2)第3206号
            

家造り35年の実績と 50年以上続く材木屋
木にこだわった省エネ住宅

「自然派タイプの家」
を創っています。

新築、リフォーム、お住まいのことならなんでも
お気軽にご相談下さい。



 カネカ不動産
株式会社 カネカ
〒511-0836 桑名市江場494-5
(桑名ハウジングセンター東隣)

 0120-117-683 (通話料無料)
http://www.kaneka-co.jp/





50数年間も続けて伏見稲荷にお詣りする理由(完)
カネカの社長産屋敷です。
前回の続きで50数年間も続けて
伏見稲荷にお詣りする理由(完)の話をします

父の入院中に父の甥が自分の妹を会社の
トラックに乗せ運転し、事故を起こしました。
やはり追突事故で妹に足の複雑骨折を
させてしまいました。続けて足の骨を折る
事故があり『変だな~』と思ったのは
私だけではありません。

私の母方のお婆さんが腰痛で寝ていましたが、
続いた事故の話を聞いた時急に起き上がり
「これは何かの祟りやで!何かのお告げと違うか!
仏さんや神さんに悪い事しとらへんか?」
と言いながら歩き出したのです。
私の姉がそれを見て「お婆さん歩いとる!!」と
言ったのを私は今も覚えています。

家族の者は、それぞれが色々省りみました。
誰かが「そう云えば工場の2階に社が
ホコリまみれになって、置きっぱなしやで!」
と言いました。

確かに2階にはホコリまみれで屋根には
汚れた地下足袋・靴下・手袋等が掛けて
ある社が置いてあったのです。
それから家族の者・職工さん達で恐る恐る、
しかし丁寧に社を2階から下ろして
綺麗に掃除をしたのです。

とりあえず社は事務所に安置して、
長男は馬道にある玉三稲荷の
安藤さんに今までのいきさつを話して、
これからどうすれば良いのか相談に行きました。

社は伊勢湾台風の後、父が買いましたが、
御霊は入ってないはずです。
しかし安藤さんは何かの力が社には有るかも
知れないと言い、とりあえず
長男の家の東南の庭を綺麗にして
そこに安置することになりました。

御霊は伏見稲荷からお迎えすることになり
社は石で台を造り、赤の鳥居を何本か立てて
3月15日を大祭と決めました。

その頃父の身体も良くなってのぼり旗など立て、
初めての大祭を家族全員と会社の皆んなで
盛大にお祝いした思い出があります。
あれほど信仰心の無かった父の変わりように
皆んな驚き、それからのお世話は父が
死ぬまでしてくれました。

そんな訳で毎年伏見稲荷にお詣りに行くようになり、
それからは怪我や事故なども無くなりました。
また3月15日の大祭の日は雨の日も雪の日も、
父が元気なうちは盛大に執り行う事ができました。

父が亡くなってからは、玉三稲荷の安藤さんに
御祈祷していただくだけで長男夫婦と
私達夫婦だけのお詣りとなりました。

3年前に長男も亡くなってからは長男の嫁と
私達夫婦で寂しく大祭を行なっています。
それでも以前から私は毎月1日と15日に
お詣りすることにしていて、3月の15日を
楽しみに待っています。

長男の嫁も父や兄の意思を継いで
良くやってくれているので、来年は一緒に
伏見稲荷にお詣りしようかと思っています。

稲荷さんの信仰により私の会社も何とか
頑張れており、家族も仲良くさせて頂きました。
兄の会社は2回も倒産しますが、会社を
再生することに努力する兄の姿を見て、
哀れに思われて早く楽になったら良いのにと
私は思っていましたが、2回目の倒産で
本当に兄は楽になったみたいです。

これもお稲荷様の「お告げ」と思ったこともありました。
信仰は自分の心の思いようです、良い風に何事も
取れば良いものです。1日,15日のお詣りや
伏見稲荷へのお詣りがいつまで続くか分かりませんが、
元気なうちは続けたいと何時も思っています。
お稲荷様ありがとうございます。

以上で伏見稲荷へのお詣りの話は終わりです。

>>続きを読む
50数年間も続けて、伏見稲荷にお詣りする理由②
カネカの社長産屋敷です。
前回の続きで50数年間も続けて、
伏見稲荷にお詣りする理由②の話をします。

父を助手席に、私はアクセルを吹かしながら
名古屋へ向かいます。出発してから1km程
走った国道1号線の揖斐川に掛かる伊勢大橋。
前には大型のけん引トラックが信号待ちで止まっている。
私は思いっきりブレーキを踏むが、なかなか止まらない。

父は「ええか、ええか」と言う。
ブレーキペダルを、何度も何度も踏む。
止まらない、止まらない、あー駄目だ〜。
ガシャン、ドッスンと大きな鈍い音。
思わず助手席の父を見た。

父は「痛たたたー、あ痛たたたー」と
言いながら私の顔を睨みつけます。
幸いにも前の大型トラックはけん引
トラックで直径20cmの鉄パイプで
継ながっており、さらに2mほど飛び出して
いたので、衝突した時そのパイプが
運転する私と助手席の父の間に
突き刺ささっていました。

今でこそシートベルトは義務付けされて
いますが、当時はシートベルトさえありません。
足を組んで座っていた父は足のスネが
複雑骨折で持ち上げると「ガシャ」と
音がしたのをいまも思い出します。
父は背広の内ポケットにも沢山の物を
入れるクセがあり、そこにナイフが入って
いたので胸も打っていたでしょう、
ナイフが曲がっていました。

私はハンドルに挟まりましたが無傷で、
父も命には別状ありませんが病院に
連れて行かなければなりません。

自分のトラックはそのままにして
父を対向車のトラックにお願いし、荷台に
乗せて2km程離れた桑名市内の
平田病院に向かいます。

トラックの荷台はかなり揺れました。
父は恨めしそうな顔で「痛い、痛い」と
言い、私も申し訳ない気持ちがいっぱいで
病院に着くのが凄く長く感じた思いがあります。

この続きは、50年間も続けて
伏見稲荷へお詣りする理由③へ続きます
伊勢大橋
    国道1号線の揖斐川に掛かる伊勢大橋です

家造り30年以上の実績と 50年以上続く材木屋
木にこだわった省エネ住宅

「自然派タイプの家」
を創っています。

新築、リフォーム、お住まいのことならなんでも
お気軽にご相談下さい。



 カネカ不動産
株式会社 カネカ
〒511-0836 桑名市江場494-5
(桑名ハウジングセンター東隣)

 0120-117-683 (通話料無料)
http://www.kaneka-co.jp/




50年間も続けて伏見稲荷へお詣りする理由①
カネカの社長産屋敷です。
今回のブログでは何故、50数年間も
続けて、伏見稲荷にお詣りするように
なったかと言う話をします。

それは伊勢湾台風が桑名を直撃した
62年前、西船馬町の人達が
お世話させて頂いている住吉神社が
崩壊してしまいました。

中には住吉の社と玉重稲荷の社が
ありましたが、幸いにも壊れる事なく
残っていました。

神社を建て直す迄の間、玉重稲荷の
社の預かり場所が無く、私の父に
1万円で買ってくれないかと
町内から申し出がありました。

その頃の父は信仰心など全く
無かったのですが、西船馬町に
住んでいたのと、当時の1万円は
かなり高額でしたから住吉神社の
復興にもなると思い
買う事にしたそうです。

父は神仏に対する信仰心や感心が
無かったので、その社を自社の
製材所の2階に上げて、
放ったらかしにしていました。

ところが製材所の2階は、職工さんの
更衣室の様な所で地下足袋や
靴下等が社の屋根に掛けて
あったそうです。

父が経営している当時の会社は
長男と三男と四男の私、それから甥が
2人の他事務員さん2人、職工さん達
5人程の小さな材木屋でした。

私は主にトラックでの配達係でした。
高等学校を卒業して自動車の
普通免許を取得しましたが,材木の事は
ほとんど分かりませんでした。

まして、材木の重さなど知るわけが
ありませんでしたが、ある日丸太を
積んで名古屋のお得意先に配達を
することになりました。

今考えると非常に重い木を2tトラックに
皆んなで積んだのです。
おそらく8t ~ 10t位積んだのでは
ないでしょうか?さぁ~出発です‼

この続きは次回
50年間も続けて伏見稲荷へお詣りする
理由②へ続きます

IMG_2.jpg
       写真は現在の住吉神社です

家造り30年以上の実績と 50年以上続く材木屋
木にこだわった省エネ住宅

「自然派タイプの家」
を創っています。

新築、リフォーム、お住まいのことならなんでも
お気軽にご相談下さい。



 カネカ不動産
株式会社 カネカ
〒511-0836 桑名市江場494-5
(桑名ハウジングセンター東隣)

 0120-117-683 (通話料無料)
http://www.kaneka-co.jp/


copyright © 2020 987(桑名市)の工務店&不動産 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.