FC2ブログ
987(桑名市)の工務店&不動産
”40年以上の木材屋”の知識と”30年以上の建築業”のノウハウで創る家。
・外装下地検査 (第3回)
3階建てのK様邸の第3回「外装下地検査」
日本住宅保証検査機構(JIO)の検査が行われました。

検査、保証の専門機関であるJIOが施主様に代わって
建築現場を検査します。

外壁を貼ると見えなくなってしまう外壁下地の
防水シートの重ね代
規定以上設けられているか
防水テープやコーキング
適切に処理されているか
など、屋根、外壁、開口部の
雨水の浸入を防ぐ部分を主に検査します。



開口部

では、なぜこの検査が必要なのでしょう

雨水が浸入すると天井や柱、壁の劣化・破損、カビが
発生して腐るなど、家の構造を弱めてしまい
寿命を縮めてしまうからです。


検査の3/4が終了しました。
残りは家が完成した時の完了検査です。

※この瑕疵保証制度は2008年9月30日で
 受付終了しています。
 詳しくはJIOのホームページをご覧下さい。




 家造り25年の実績と 40年以上続く材木屋
木にこだわった
「自然派タイプの家」を創っています。

新築、リフォームお住まいのことならなんでも
お気軽にご相談下さい。


 カネカウッドホーム
〒511-0836 桑名市江場494-5
       (桑名ハウジングセンター東隣)
株式会社 カネカ

 0120-117-683
 info@kaneka-co.jp
http://www.kaneka-co.jp/
・構造体検査 (第2回)
先日、3階建てのK様邸の第2回「構造体検査」
日本住宅保証機構(JIO)のが行われました。

主要な構造部をJIO専属の建築士が細かく
チェック
します。


確認申請用の画像ですがJIOと同じです。

家を支える
柱や耐力壁の位置は図面通りか
横揺れを防ぐ
筋交いは地面通り配置され
適正に取り付けられているか
木材の水分
25%以下になっているか
(木造在来工法の場合)など
通常、一般の人ではわからないチェックポイントを
しっかり検査します。
検査はすべて建築現場で行い、
合格しないと次の工程に進めません



主要な構造部分のイメージ図

※この瑕疵保証制度は2008年9月30日で
  受付終了しています。
 詳しくはJIOのホームページをご覧下さい。





 家造り25年の実績と 40年以上続く材木屋
木にこだわった
「自然派タイプの家」を創っています。

新築、リフォームお住まいのことならなんでも
お気軽にご相談下さい。


 カネカウッドホーム
〒511-0836 桑名市江場494-5
       (桑名ハウジングセンター東隣)
株式会社 カネカ

 0120-117-683
 info@kaneka-co.jp
http://www.kaneka-co.jp/









民家再生 和室とトイレ
前回に引き続き、ご紹介します。


他の部屋とは違う、さらに落ち着きを感じる色使い。
建具は職人仕事の光る
格子建具に、こだわりました。
雰囲気を壊さない下窓の明かりで
茶室を思わせるような和室です。


 


 
 
 和室


『日本の建具は、西洋のそれと違い、
 曖昧に空間を仕切るために存在します。
 それは日本だけの独特の空間であり
 私たち日本人は、古来からその空間に囲まれて、
 生活をしてきました。

 格子戸は光と風を適度に通してくれながらも、
 格子の効果により、外部からの視線を遮ってくれます。
 快適な空間作りと共にプライバシーも護ってくれます。
 古くから愛され続ける物には、
 現代にも通ずる実用性を兼ね備えています。』





 





 トイレ

1枚板のカウンターに手洗い器。
2帖程の広さがあるので、ゆったりして
トイレの空間に開放感があります。
照明の電球カバーからの光の模様が粋な演出を
しています。





2階は寝室と納戸部屋になっていて立派な地棟が
でています。
地棟には『奉上棟 施主名・施工者名・日付』が記してあり、
先代の想いと思い出を感じる空間です。

※地棟とは・・・
棟木と同様に屋根の荷重を受け、. 棟木の下に並行に
取り付く大梁丸太のことです。
継手なしで屋根にかかる荷重を一身に背負う部材。
家の脊椎、緩やかな放物線を描きつつ妻梁を抑える
背骨そのものです。




次回、”民家再生”は外構が出来次第、ご紹介したいと思います。
お楽しみに。


 家造り25年の実績と 40年以上続く材木屋
木にこだわった
「自然派タイプの家」を創っています。

新築、リフォームお住まいのことならなんでも
お気軽にご相談下さい。


 カネカウッドホーム
〒511-0836 桑名市江場494-5
       (桑名ハウジングセンター東隣)
株式会社 カネカ

 0120-117-683
 info@kaneka-co.jp
http://www.kaneka-co.jp/









桃の節句 『ひな祭り』
3月3日は 桃の節句ですね。

桃の節句の歴史は古く、平安時代の貴族が薬草を摘み
その薬草で体の穢れをお祓いして健康厄除を願う
「上巳の節句」が始まりとされています。
桃には魔除けの力があるとも考えられていたことから
節句を祝うのにふさわしいものとして「桃の節句」
と呼ばれるようになりました。

昔から、ひな祭りには 白酒が欠かせないものでしたが
もともとは桃が百歳を表す「百歳(ももとせ)」=長寿
通じることから、桃の花を酒に浸した桃花酒(とうかしゅ)
を飲む風習があり、その後、江戸中期になってから、
白酒が好まれるようになったそうです。

女の子が産まれてから初めての桃の節句に雛人形を飾り
家族の皆で健やかな成長と災厄よけを願ってお祝いを
することが「初節句」です。
桃の節句の祝いの料理には、
それぞれに縁起を担ぐ意味があります。

はまぐり・・・女の子の美徳と貞操を意味しています
えび・・・・・えびの赤は生命を表します
はす・・・・・見通しのいい人生を意味しています
まめ・・・・・健康でまめに働くことを意味しています


♪ 女の子がいるご家庭では、
家族みんなでお祝いしてあげたいものですね
 ♪




 家造り25年の実績と 40年以上続く材木屋
木にこだわった
「自然派タイプの家」を創っています。

新築、リフォームお住まいのことならなんでも
お気軽にご相談下さい。


 カネカウッドホーム
〒511-0836 桑名市江場494-5
       (桑名ハウジングセンター東隣)
株式会社 カネカ

 0120-117-683
 info@kaneka-co.jp
http://www.kaneka-co.jp/











copyright © 2020 987(桑名市)の工務店&不動産 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.