FC2ブログ
987(桑名市)の工務店&不動産
”40年以上の木材屋”の知識と”30年以上の建築業”のノウハウで創る家。
あかりの日
こだわりをもった自由設計の木造住宅を手掛ける
桑名の工務店、カネカウッドホームです


10月21日
「あかりの日」です。

これは1879年(明治12年)10月21日、
米国の発明王トーマス・エジソンが、
世界ではじめて実用性の高い白熱電球を発明したことにちなんだものです。

「あかりの日」は、この歴史的な日を記念し、
エジソンの偉業をたたえて制定されたものだそうです。

あかりの日という事なので
照明器具の電気代節約について書きます


電球型蛍光灯を使う

白熱灯と蛍光灯では、蛍光灯の方が電気代が約4分の1で済む他、寿命も6倍長持ちします。

値段はもちろん蛍光灯の方が高いのですが、電気代まで考えると「蛍光灯」がやっぱりお得なんです。

▽実際に比較してみると下記のようになります。(1kWh=23円で計算)

「電球型蛍光灯15Wの場合」※
1,800円(蛍光灯1つ)×1(寿命6,000時間)=蛍光灯代1,800円
15W×6,000時間×0.023=電気代2,070円

=合計コスト3,870円


※蛍光灯15Wは電球60Wと同等の明るさとなる

「白熱球60Wの場合」
100円(電球1つ)×6(寿命1,000時間)=電球代600円
60W×6,000時間×0,023=電気代8694円

=合計コスト9,294円


同じ6,000時間照明を付けるだけでも、なんと蛍光灯の方が「5,424円」もお得なんです。

電球をいくつも使うシャンデリアなどを使っている家は「電球型蛍光灯」に取り替えるだけで

年間10,000円以上の節約になりますよ♪

※蛍光灯は電源をON/OFFに切り替えると寿命が1時間減ってしまう欠点を持っています。


蛍光灯はなるべく長時間を使い続けるリビングやお風呂場などに使っていくのがおススメです。

一方、電源の切り替えが多い階段やトイレなどの照明には「白熱灯」がおススメです。

白熱灯は温もりのある光り、蛍光灯は明るい光りを出すので、
雰囲気などを気にする場合は上手く使い分けていきましょう。


照明器具のお掃除

照明器具にホコリなどが付いていると、当然部屋の明るさが落ちてしまいます。
半年に1回ホコリを落としてあげるだけで明るさがアップしますので、是非実践してみて下さいね。
特にキッチンは油汚れまで付着してしまいますので、優先して掃除してあげましょう。


買い換えるなら「インバータ式蛍光灯」

同じ蛍光灯でも「インバータ(周波数変換器)」の蛍光灯は点灯が早く、明るく、ちらつきが少ない、
その上電気代が20%も節約できるというから良い事だらけです。

照明を買い換える際は、「インバータ」を選ぶようにしましょう!

ECOですし、家計にも優しいので是非参考にしてみて下さい


カネカウッドホームは家造り25年の実績と
40年以上続く材木屋が木にこだわった「自然派タイプの家」を創っています。
木のこと、省エネ住宅なら是非カネカウッドホームへ

〒511-0836
三重県桑名市大字江場494-5
株式会社 カネカ

カネカウッドホーム

0120-117-683
kaneka@sky.bbexcite.jp
http://www.kaneka-co.jp/








    QRコード



スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 987(桑名市)の工務店&不動産 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.