FC2ブログ
987(桑名市)の工務店&不動産
”40年以上の木材屋”の知識と”30年以上の建築業”のノウハウで創る家。
お風呂でリラックス
こだわりをもった自由設計の木造住宅を手掛ける
桑名の工務店、カネカウッドホームです


毎月26日は風呂の日です

今日はお風呂でのリラックス方法をご紹介します。

入浴方法
ストレス軽減には、37℃~39℃のぬるま湯に20~30分程度ゆったりと入るのがベスト。
微温の効果で副交感神経が活発になると同時に、浮力効果で体重も軽くなり、ゆったりとできます。
つまり、体重によるストレスの解消は、水中以外では得られない方法なのです。

大きな浴槽で体を伸ばしてプカプカ浮くようにするといい気持ちになるのは、浮力による体への直接的な効果が大きな役割を果たしています。
不感温度に近い、うんとぬるめのお湯に30分くらいゆったりとつかりましょう。
そうすればリラックス感が広がります。

[emoji:d-36] 手順 
[emoji:d-36]

お風呂が沸いたらしばらくフタを開けておき、浴室を暖めておきましょう。(浴室暖房乾燥機があると便利。)脱衣所も暖かくしておくといいです。

お風呂に入ったら充分かかり湯をしましょう。
身体の汚れを落としておくだけでなく、入浴の刺激に身体を慣らし、入浴による血圧の急上昇や脳貧血を防ぐことができます。
かかり湯は心臓に遠いところ、つまり足から徐々に上へ、そして全身に。シャワーよりも、風呂桶のお湯をかけるほう効果的です。

リラックスできるお風呂の温度は37℃~39℃位です。最初はちょっとぬるめかなと感じる程度が最適。
まずは20分位ゆっくり入ります。
長くつかる時は胸から下の下半身浴がおすすめです。

足を伸ばせるお風呂なら、ゆっくり身体を動かしながらの入浴すると疲労回復効果が高まります。
手足を動かすなど、軽い運動をすることにより血液の循環がよくなり、乳酸などの疲労物質の排泄が早まるためです。

身体を洗ったら、シャワーの水圧を高くして、肩や腰など疲れているところに集中的にかけましょう。
血行がよくなりマッサージ効果があります。

注意…スポーツの直後やお腹がいっぱいの時、酔っている時の入浴は避けましょう。


リラックスできる快適なお風呂にリフォームされたい方は
是非カネカにご相談ください


相談、見積もりは無料です

カネカウッドホームは家造り25年の実績と
40年以上続く材木屋が木にこだわった「自然派タイプの家」を創っています。
木のこと、省エネ住宅なら是非カネカウッドホームへ

〒511-0836
三重県桑名市大字江場494-5
株式会社 カネカ

カネカウッドホーム

0120-117-683
kaneka@sky.bbexcite.jp
http://www.kaneka-co.jp/









    QRコード
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 987(桑名市)の工務店&不動産 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.