FC2ブログ
987(桑名市)の工務店&不動産
”40年以上の木材屋”の知識と”30年以上の建築業”のノウハウで創る家。
金物
こんにちは
こだわりをもった自由設計の木造住宅を手掛ける
カネカウッドホームです


いなべ市で新築工事中のI様邸の
金物
の取り付けが終了しました★☆




金物
にはいくつか種類があります


筋交い金物

水平力に抵抗するための補強材
である筋交いの
接合部に取り付けられる接合金物のこと。

木造軸組工法(在来工法)の住宅では地震などの水平力に抵抗する補強材として筋交いを使用します。
ですがもし筋交いが外れてしまっては意味がありません。

そこで筋交い金物を使用して、筋交いの接合部をより強力に固定しておくことが重要になります。


ひねり金物

屋根の下地である垂木を母屋や桁などに固定
する時などに使用される金物です。
ひねり金物をしっかりとりつけることによって、垂木が母屋や桁などの構造体とガッチリ固定され強風で屋根が吹き飛ばされることを防ぐ働きがあります。

木造住宅の屋根などにおいてひねり金物は最も多くしようされる金物と言えます。
桁だけでなく母屋にもひねり金物を設置することでより屋根の強度を高めることができます。


ホールダウン金物

地震の時などに柱が土台から抜けないようにしっかり固定
するための接合金物のことです。
家の建物の四隅部分など、地震の時に特に強く力を受ける部分に取りつけられます

また一階とニ階など上下階の柱同士の緊結にホールダウン金物を使用する場合もあります。
地震に強い住宅にするにはホールダウン金物やアンカーボルトを使用して土台や柱などの構造躯体を基礎 にしっかり固定することが重要です。


羽子板ボルト

羽子板状の鋼板にボルトを溶接したもので、柱・胴差し、梁と軒桁などの仕口部分を緊結する接合金物です。

羽子板ボルトは胴差し・梁・桁などの構造材同士が直交する場所に取り付けられる為、木造軸組住宅で最も多く使用される接合金物の一つです。




10月27日、28日の構造見学会は、
この金物が実物で見れるチャンスです

興味のある方は是非構造見学会へお越し下さい!!


カネカウッドホームは家造り25年の実績と
40年以上続く材木屋が木にこだわった「自然派タイプの家」を創っています。
木のこと、省エネ住宅なら是非カネカウッドホームへ

〒511-0836
三重県桑名市大字江場494-5
株式会社 カネカ
カネカウッドホーム

0120-117-683
kaneka@sky.bbexcite.jp
HP http://www.kaneka-co.jp/





スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 987(桑名市)の工務店&不動産 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.