FC2ブログ
987(桑名市)の工務店&不動産
”40年以上の木材屋”の知識と”30年以上の建築業”のノウハウで創る家。
木とインフルエンザ
木と健康の関わりについてご紹介します。

木造校舎とコンクリート校舎とでインフルエンザによる
学級閉鎖数を比較したところ、
木造校舎はコンクリート校舎の約1/3
という調査結果があります。

木材には“調湿作用”があり、インフルエンザウィルスは
気温が低く、空気が乾燥している環境で
長期間生存し続けますが
湿度が50%以上
になると
ウイルスの多くが死滅してしまいます。

部屋が乾燥していると、木材中の水分を吐き出し、
湿気が多いときには、余分な湿気を吸収する
木材は、湿度を快適な状態に保つ効果
をもっているので
木造校舎ではインフルエンザの感染が減ったと考えられます。

その他の病欠や不登校が少ない理由についても、
木の香りや調湿作用
などが心と身体に安らぎを
与えているためではないかといえるのではないでしょうか。

老人ホーム
の調査においても木材使用率の多い施設では

インフルエンザの感染や
転倒による骨折、
不眠を訴える人の割合が少ない

という結果も出ています。

「木造校舎の教育環境-校舎建築材料が子ども・
教師・教育活動に及ぼす影響」
(財)日本住宅・木材技術センター発刊より引用



只今、当社では
モデルハウス移転 3周年記念謝恩キャンペーン

実施中!!(平成21年8月31日まで)




 家造り25年の実績と 40年以上続く材木屋
木にこだわった省エネ住宅

「自然派タイプの家」
を創っています。

新築、リフォームお住まいのことならなんでも
お気軽にご相談下さい。


 カネカウッドホーム
〒511-0836 桑名市江場494-5
       (桑名ハウジングセンター東隣)
株式会社 カネカ

 0120-117-683
 info@kaneka-co.jp
http://www.kaneka-co.jp/
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 987(桑名市)の工務店&不動産 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.