FC2ブログ
987(桑名市)の工務店&不動産
”40年以上の木材屋”の知識と”30年以上の建築業”のノウハウで創る家。
税金のお話(取得編)
不動産を買うと税金が掛かります。。

では、どんな税金がかかるのでしょうか
 
主だった税金は3つ ・印紙税 ・登録免許税 ・不動産取得税
です。 そして、税金の税率は変動します。

知っていないと損をする課税軽減措置ですが、これには期間と
適用条件が定められています。。(後で少し触れますね。)

不動産を買う人は、賢く利用してくださいね


印紙税国税
売買契約を行うときは、契約書を作りますが、その時に貼る印紙
が税金です。

軽減措置
H25.3.31迄
に作成される不動産譲渡に関する契約書のうち
1000万円
をこえるものには印紙税の軽減措置がされています。


登録免許税国税
不動産を取得すると、自分の権利を確保するために所有権の
保存登記移転登記をしますが、その時納めるのが登録免許税
です。
 税額 = 不動産の価格(固定資産税評価額)×税率 
               <保存登記0.4% 移転登記2%>本則税率

軽減措置
土地(移転登記税率):H23.4.1~H24.3.31 ⇒ 1.3%
               H24.4.1~H25.3.31 ⇒ 1.5%

住宅用家屋の措置要件 :保存登記⇒0.15%  移転登記⇒0.3%
<新築>・床面積が50㎡以上である事
        ・個人が自分が住む為にH25.3.31迄に新築・取得したもの。
        ・新築・取得後、1年内に登記を受けるもの。

<中古>築20年以内もしくは、新耐震基準に適合しているもの。
        ・個人が自分が住む為にH25.3.31迄に新築・取得したもの。
        ・新築・取得後、1年内に登記を受けるもの。 


 長期優良住宅 : H24.6.4迄に所有権の保存・移転登記は、0.1%にさらに軽減されます。


不動産取得税地方税
不動産の所有権を取得した時に、その不動産の所在する都道府県
が課する税金が不動産取得税です。

(注)取得について…現実に取得していれば、登記が行われたかは関係ありません。
  又、取得の原因が贈与・交換・建築等であっても課税されます(但し、相続による
  取得は課税されません。)    


 税額 = 不動産の価格(固定資産税評価額)×税率 
                <税率=住宅の場合 土地・建物4%>本則税率

軽減措置
土地・建物共 H24.3.31迄の税率は3%に軽減されています。
又、宅地評価土地の取得が H24.3.31迄の間に行われていた場合
課税標準について、固定資産税評価額の2分の1の額とする特例
が認められています。

他に軽減措置の要件がありますが、書き切れないので詳しく
お知りになりたい方は東京都が出している不動産取得税
ご覧ください。

 税金の話はどうしても、長くなり、固くなり、眠くなります。
 しかし、少しでも興味のある方はもう少しお付き合いください。

 次回は、申請すれば返ってくる税金のお話で~す。。


    カ ネ カ 不 動 産      
宅地建物取引業免許 三重県知事(1)第3206号

株式会社 カネカ
〒511-0836 桑名市江場494-5
 0120-117-683 (通話料無料)
 info@kaneka-co.jp
http://www.kaneka-co.jp/





 
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 987(桑名市)の工務店&不動産 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.