FC2ブログ
987(桑名市)の工務店&不動産
”40年以上の木材屋”の知識と”30年以上の建築業”のノウハウで創る家。
こだわりのモデルハウス 4
皆さん、こんにちわ!
カネカ社長、産屋敷(うむやしき)です。

前回の続きで、モデルハウスの内装用壁板「杉」の
お話をさせて頂きます。

今日本で流通している杉材は天然杉と
人工林杉(植林木)に分けられます。
現在日本に残っている天然杉は、皆さんご承知の
屋久島にある天然記念物の屋久杉は有名ですね。

四国の魚梁瀬(やなせ)杉や秋田県の秋田杉も
有ります。三重県には伊勢神宮の御山杉(みやま杉)は
屋久杉にも劣らない太径木で有名ですよね。

奈良県の春日杉、吉野杉、北山杉も日本の代表的な
天然杉としては良く知られています。
日本には未だ全国的に樹齢200年以上の天然杉は
生えていますが、植林して100年以上経った木を
天然杉と呼ぶこともあるようです。

杉や桧の天然木が減少するなか、人工林(植林)の
事業は古くから行われていました。
その中でも特に杉の植林事業は多かったようで、
成長も早く使い道に於ても幅広い事から戦後は
日本全国で沢山杉の植林事業が行われました。

杉は樹齢40年位でも伐採され製品化されますが、
価値としては60年から90年位にならないと
良い製品が出来ません。
現在は九州地方の杉板や四国地方の角材が
沢山市場に出回っています。

今回、朝日町縄生に誕生したモデルハウスには
九州の熊本産の人工杉の板を使っております。




            

家造り35年の実績と 50年以上続く材木屋
木にこだわった省エネ住宅

「自然派タイプの家」
を創っています。

新築、リフォーム、お住まいのことならなんでも
お気軽にご相談下さい。



 カネカウッドホーム
〒511-0836 桑名市江場494-5
       (桑名ハウジングセンター東隣)
株式会社 カネカ

 0120-117-683 (通話料無料)
 info@kaneka-co.jp
http://www.kaneka-co.jp/


    




スポンサーサイト



copyright © 2020 987(桑名市)の工務店&不動産 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.