FC2ブログ
987(桑名市)の工務店&不動産
”40年以上の木材屋”の知識と”30年以上の建築業”のノウハウで創る家。
別荘地に建てたセカンドハウス
新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。
カネカの社長 産屋敷(ウムヤシキ)です。
久し振りにブログを書きます。

今回、別荘地にセカンドハウスを建てたいとお客様から
ご依頼があり、外構工事も含めご注文を頂きました。          

街の家と違い山の別荘地には、それなりの建て方があります。
お施主様にはその事をご説明し、ご理解を頂きました。

気温やロケーションの違いは誰でも分かりますが、
雪の日や台風の日の事、落葉の頃の事と梅雨時の
湿度の事など一年間を通した建て方をしなくてはなりません。

別荘地でのセカンドハウスは永住するための
物ではありませんので、どうしても建物を軽視しがちです。

しかし、それは間違えで小さくても良い物を
建てて頂きたいと思います。何故だか分かりますか?

私の経験から言うと、セカンドハウスなので誰も
利用しなくなり手離す時が来るかもしれません。                                
そんな時に、あまりにも粗悪な建物では
解体しないと売れないのです。                

小さくても誰でも好む様な素晴らしい
セカンドハウスを建てたいものです。
海辺では潮風の対策をした建て方があるように
山の別荘地にはそれなりの建て方があります。

1つ目は落ち葉と積雪と雨水の対策です。
落ち葉が多い山では、樋の詰りを考慮して、
取り付けずに排水に配慮しましょう。

2つ目は湿度の対策です。
山は湿度が高いので留守がちのセカンドハウスでは、
木の特徴を活かし内装を板張りにして湿度を調整しましょう。
畳敷きはセカンドハウスには不向きです。

3つ目は断熱性の事でしょう。
ログハウスには断熱性はありませんから、暖房においては
暖炉を設置するなり一工夫が必要です。

山でセカンドハウスを建てたい方は、安くて
光熱費の掛からない別荘地にあった建て方で
誰もが欲しがる様な家を建てるべきです。                            

何十軒と別荘住宅を手掛けた経験と知識を活かした
当社の自慢の作品がまた一つ出来上がりました。

わが社の素敵なログハウスにご興味をもたれた方は、
一度現場にご案内いたしますので当社まで御連絡ください。

            

家造り35年の実績と 50年以上続く材木屋
木にこだわった省エネ住宅

「自然派タイプの家」
を創っています。

新築、リフォーム、お住まいのことならなんでも
お気軽にご相談下さい。



 カネカウッドホーム
〒511-0836 桑名市江場494-5
       (桑名ハウジングセンター東隣)
株式会社 カネカ

 0120-117-683 (通話料無料)
 info@kaneka-co.jp
http://www.kaneka-co.jp/


スポンサーサイト



copyright © 2020 987(桑名市)の工務店&不動産 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.