FC2ブログ
987(桑名市)の工務店&不動産
”40年以上の木材屋”の知識と”30年以上の建築業”のノウハウで創る家。
50数年間も続けて、伏見稲荷にお詣りする理由②
カネカの社長産屋敷です。
前回の続きで50数年間も続けて、
伏見稲荷にお詣りする理由②の話をします。

父を助手席に、私はアクセルを吹かしながら
名古屋へ向かいます。出発してから1km程
走った国道1号線の揖斐川に掛かる伊勢大橋。
前には大型のけん引トラックが信号待ちで止まっている。
私は思いっきりブレーキを踏むが、なかなか止まらない。

父は「ええか、ええか」と言う。
ブレーキペダルを、何度も何度も踏む。
止まらない、止まらない、あー駄目だ〜。
ガシャン、ドッスンと大きな鈍い音。
思わず助手席の父を見た。

父は「痛たたたー、あ痛たたたー」と
言いながら私の顔を睨みつけます。
幸いにも前の大型トラックはけん引
トラックで直径20cmの鉄パイプで
継ながっており、さらに2mほど飛び出して
いたので、衝突した時そのパイプが
運転する私と助手席の父の間に
突き刺ささっていました。

今でこそシートベルトは義務付けされて
いますが、当時はシートベルトさえありません。
足を組んで座っていた父は足のスネが
複雑骨折で持ち上げると「ガシャ」と
音がしたのをいまも思い出します。
父は背広の内ポケットにも沢山の物を
入れるクセがあり、そこにナイフが入って
いたので胸も打っていたでしょう、
ナイフが曲がっていました。

私はハンドルに挟まりましたが無傷で、
父も命には別状ありませんが病院に
連れて行かなければなりません。

自分のトラックはそのままにして
父を対向車のトラックにお願いし、荷台に
乗せて2km程離れた桑名市内の
平田病院に向かいます。

トラックの荷台はかなり揺れました。
父は恨めしそうな顔で「痛い、痛い」と
言い、私も申し訳ない気持ちがいっぱいで
病院に着くのが凄く長く感じた思いがあります。

この続きは、50年間も続けて
伏見稲荷へお詣りする理由③へ続きます
伊勢大橋
    国道1号線の揖斐川に掛かる伊勢大橋です

家造り30年以上の実績と 50年以上続く材木屋
木にこだわった省エネ住宅

「自然派タイプの家」
を創っています。

新築、リフォーム、お住まいのことならなんでも
お気軽にご相談下さい。



 カネカ不動産
株式会社 カネカ
〒511-0836 桑名市江場494-5
(桑名ハウジングセンター東隣)

 0120-117-683 (通話料無料)
http://www.kaneka-co.jp/




スポンサーサイト



copyright © 2020 987(桑名市)の工務店&不動産 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.