FC2ブログ
987(桑名市)の工務店&不動産
”40年以上の木材屋”の知識と”30年以上の建築業”のノウハウで創る家。
50数年間も続けて伏見稲荷にお詣りする理由(完)
カネカの社長産屋敷です。
前回の続きで50数年間も続けて
伏見稲荷にお詣りする理由(完)の話をします

父の入院中に父の甥が自分の妹を会社の
トラックに乗せ運転し、事故を起こしました。
やはり追突事故で妹に足の複雑骨折を
させてしまいました。続けて足の骨を折る
事故があり『変だな~』と思ったのは
私だけではありません。

私の母方のお婆さんが腰痛で寝ていましたが、
続いた事故の話を聞いた時急に起き上がり
「これは何かの祟りやで!何かのお告げと違うか!
仏さんや神さんに悪い事しとらへんか?」
と言いながら歩き出したのです。
私の姉がそれを見て「お婆さん歩いとる!!」と
言ったのを私は今も覚えています。

家族の者は、それぞれが色々省りみました。
誰かが「そう云えば工場の2階に社が
ホコリまみれになって、置きっぱなしやで!」
と言いました。

確かに2階にはホコリまみれで屋根には
汚れた地下足袋・靴下・手袋等が掛けて
ある社が置いてあったのです。
それから家族の者・職工さん達で恐る恐る、
しかし丁寧に社を2階から下ろして
綺麗に掃除をしたのです。

とりあえず社は事務所に安置して、
長男は馬道にある玉三稲荷の
安藤さんに今までのいきさつを話して、
これからどうすれば良いのか相談に行きました。

社は伊勢湾台風の後、父が買いましたが、
御霊は入ってないはずです。
しかし安藤さんは何かの力が社には有るかも
知れないと言い、とりあえず
長男の家の東南の庭を綺麗にして
そこに安置することになりました。

御霊は伏見稲荷からお迎えすることになり
社は石で台を造り、赤の鳥居を何本か立てて
3月15日を大祭と決めました。

その頃父の身体も良くなってのぼり旗など立て、
初めての大祭を家族全員と会社の皆んなで
盛大にお祝いした思い出があります。
あれほど信仰心の無かった父の変わりように
皆んな驚き、それからのお世話は父が
死ぬまでしてくれました。

そんな訳で毎年伏見稲荷にお詣りに行くようになり、
それからは怪我や事故なども無くなりました。
また3月15日の大祭の日は雨の日も雪の日も、
父が元気なうちは盛大に執り行う事ができました。

父が亡くなってからは、玉三稲荷の安藤さんに
御祈祷していただくだけで長男夫婦と
私達夫婦だけのお詣りとなりました。

3年前に長男も亡くなってからは長男の嫁と
私達夫婦で寂しく大祭を行なっています。
それでも以前から私は毎月1日と15日に
お詣りすることにしていて、3月の15日を
楽しみに待っています。

長男の嫁も父や兄の意思を継いで
良くやってくれているので、来年は一緒に
伏見稲荷にお詣りしようかと思っています。

稲荷さんの信仰により私の会社も何とか
頑張れており、家族も仲良くさせて頂きました。
兄の会社は2回も倒産しますが、会社を
再生することに努力する兄の姿を見て、
哀れに思われて早く楽になったら良いのにと
私は思っていましたが、2回目の倒産で
本当に兄は楽になったみたいです。

これもお稲荷様の「お告げ」と思ったこともありました。
信仰は自分の心の思いようです、良い風に何事も
取れば良いものです。1日,15日のお詣りや
伏見稲荷へのお詣りがいつまで続くか分かりませんが、
元気なうちは続けたいと何時も思っています。
お稲荷様ありがとうございます。

以上で伏見稲荷へのお詣りの話は終わりです。

MX-2650FN_20200212_091750_0001.jpg
MX-2650FN_20200212_080503_0001.jpg
MX-2650FN_20200212_091832_0001.jpg
         約35年前の大祭りの写真です

家造り30年以上の実績と 50年以上続く材木屋
木にこだわった省エネ住宅

「自然派タイプの家」
を創っています。

新築、リフォーム、お住まいのことならなんでも
お気軽にご相談下さい。



 カネカ不動産
株式会社 カネカ
〒511-0836 桑名市江場494-5
(桑名ハウジングセンター東隣)

 0120-117-683 (通話料無料)
http://www.kaneka-co.jp/








スポンサーサイト



copyright © 2020 987(桑名市)の工務店&不動産 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.