FC2ブログ
987(桑名市)の工務店&不動産
”40年以上の木材屋”の知識と”30年以上の建築業”のノウハウで創る家。
熱中症の予防
お子さんは明日から夏休みですね!!
そして、毎日暑い日が続くようになります。
外へ出かけるときは、熱中症にならないよう十分注意して
楽しい夏休みを過ごしてね。


[emoji:d-9] 熱中症とは

体の中と外の暑さによって引き起こされる体のさまざまな不調。
気温が高かったり、運動によって体内で熱が発生することが
原因で起こります。
梅雨明けや気温が急に高くなった時、気温は高くないが湿度が高い時
アスファルト、コンクリート、砂地の上にいる時は十分気を付けましょう。
また、高齢者、乳幼児、労働やスポーツ時は予防することが大切です。
熱中症は室内でも起きます。


体調を整える
睡眠不足や風邪気味など、体調の悪いときは暑い日の中の
外出は控えましょう。
熱中症に一度かかった人は再度かかりやすいため注意しましょう。

服装に注意
通気性の良い洋服を着て外出時には、帽子や日傘をさしましょう。

こまめに水分補給
脱水症状が熱中症の要因となります。
のどが渇いたと感じる前に水分補給しましょう。
定期的に少しずつ水分を補給しよう。

【水分補給のポイント】

水だけでは吸収が良くないため、塩分を取ると吸収が良くなります。
糖分も含まれているスポーツドリンクなどが効果的です。

年齢も考慮に入れて
体内の機能が発育途中の幼児や子供、体力が衰え始めた高齢者
は熱中症になりやすいので年齢を意識して予防を心がけることも
大切です。


 熱中症になってしまったら

・涼しい日陰やクーラーの効いた室内などに移動する。
・衣類をゆるめて休む。
・体を冷やす。
・水分を補給する。

回復したつもりでも体内に影響が残っていたり
再発のおそれもあるので熱中症になったら
回復した後でも必ず病院で診てもらいましょう。


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 987(桑名市)の工務店&不動産 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.